ダニ予防しましょう☆

こんにちは!
暑い日が続いていますね!!

前回のノミの記事はもう読んでいただけましたか?
(まだ読んでいない方はこちらからどうぞ☆→ ノミ予防しましょう☆ )

わんちゃんの寄生虫対策というと、ノミの事をよく耳にしますが、実はマダニもなかなか厄介なんです!
今回はそんなマダニについて詳しく説明しちゃいます☆

 

 

●マダニってどんな虫?●

 

・マダニはどこでも住んでいる!
北は北海道、南は沖縄まで、マダニは日本全国、どんな気候、どんな場所にも適応して、寄生の機会をうかがっています。
都会の公園や河原などにも生息しています。

 

・マダニは、幼ダニ→若ダニ→成ダニという成長過程を繰り返す!
幼ダニ、若ダニ、成ダニともに、わんちゃんに寄生する機会を狙っています。

 

・マダニは皮膚を切開して吸血する!
マダニの口は「鋏角(きょうかく)」と「口下片(こうかへん)」のふたつのパーツでできています。
鋏角がわんちゃんの肌を切開し、その傷口に口下片を差し込んで吸血します。

 

・マダニは口と傷口を固定する!
マダニは吸血するときに、接着剤の働きをする物質を注入し、わんちゃんの傷口と自分の口下片を固定し、そのまま数日間は離れません。
この状態のマダニを無理に引きはがそうとすると、マダニの頭の部分だけがわんちゃんの体内に残ってしまい、化膿してしまう場合があります。

 

・お腹いっぱい吸血したら落下する!
わんちゃんからほとんど離れないノミと違って、マダニはお腹いっぱい吸血すると、地面へ落下します。
そして地上で最大4000個ほどの卵を産み、再びわんちゃんに寄生する機会を待っています。

 

 

 

●マダニに寄生されるとどうなるの?●

①貧血
マダニの吸血後の体重は、吸血前の200倍になることも!
そんなに血を吸われれば、わんちゃんは貧血になってしまいます。

 

②細菌などの2次感染
マダニが吸血した場所から細菌が入って化膿してしまうこともあります。

 

③犬バベシア症
命に関わる怖い病気です。
バベシア原虫がわんちゃんの赤血球に寄生し、破壊します。
感染したわんちゃんは貧血、発熱、食欲不振などを起こし、急性の場合は黄疸や衰弱によって死んでしまう場合もあります。

 

小さなマダニですが、多くの病原体を媒介します。
人間も「ライム病」「日本紅斑熱」「重症性血小板減少症候群」などを引き起こす場合があるので、
たかがマダニとあなどらずに、しっかりと予防しましょう!

 

 

 

●どうやって予防したらいいの…?●

ダニはおもに草むらなどに潜んでいるので、近寄らないようにしたりするのが一番!
でも万が一の場合に備えて、お薬でも予防してあげましょう!

 

①滴下薬
病院でもらえるフロントライン等です。
わんちゃんの体にくっついたマダニを駆除してくれます☆

 

②薬用シャンプー
色々な種類が売っています。
わんちゃんの肌に合うものを見つけましょう☆

 

③ダニよけ首輪・グッズ
こちらも耐水性のものやべたつかないものなど、色々な種類が売っています。
殺虫成分も色々なタイプが使われているので、他のダニ除け製品と一緒に使う場合はすこし注意をして選びましょう!

 

そのほかにもスプレータイプのものや飲み薬などもありますが、やっぱり一番確実なのは、病院で予防薬をもらってくること!
わんちゃんと飼い主さんが気持ちよく過ごすためにも、ダニ予防は忘れずに☆

 

 

************************************

当店ではただいまサマーカットキャンペーンを実施中☆
ご新規様はシャンプー&カットコースを「50%OFF」でご利用頂けます!
(シャンプーコースの場合は20%OFFとなります)

この機会に是非さっぱりサマーカットにしてみませんか??

************************************

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

犬の美容室「おめかしDog」

谷塚駅から徒歩7分
住所:草加市瀬崎2-5-22 いなげや瀬崎店敷地内
電話番号:048-948-7710
営業時間:9:00~18:00
定休日:火曜日(祝日を除く)

ご予約お待ちしておりますU^ω^U

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA