夏のわんちゃん豆知識☆お散歩編

こんにちは!
今回は「夏のわんちゃん豆知識」第2弾、「お散歩編」です☆

あつ~い日でもわんちゃんはお散歩に行きたがりますよね。
そんな時、飼い主さんのちょっとした工夫次第でわんちゃんを熱中症などから守ってあげることができるんです!
ぜひ豆知識を覚えて実践してみてくださいね♪

(夏のわんちゃん豆知識・第一弾はコチラ→ 夏のわんちゃん豆知識★基本編 )

a1180_013250_m2

●夏のお散歩、なぜ注意が必要なの?●

「夏の時期のお散歩は注意が必要」とよく聞きますが、なぜ夏の時期だけ注意が必要なのでしょうか。

…じつは色々な理由が重なっています。

たいていの道はアスファルトで舗装されていますが、このアスファルトは直射日光を受け、熱をため込み超高温になります。
よく晴れた日の昼間にアスファルトに手を当ててみてください。
とても暑いのがよくわかると思います。
わんちゃんはこのとっても暑い道を裸足で歩くので、肉球がガサガサになったり、ひどい場合はやけどをしてしまう事も!

また第一回で紹介した通り、わんちゃんは四つ足で歩くため、地面に体が近いです。
そのためアスファルトなどの熱が体に伝わりやすく、伝わった熱は胸~お腹下あたりにこもってしまいます。

そこに空から太陽の直射日光が降り注いでくるので、暑さに弱いわんちゃんはお散歩の間に熱中症などになってしまう可能性が高いのです。

これが夏のお散歩で注意が必要な理由です。

 

 

●でもお散歩は行かなきゃ…どうすればいいの?●

暑いからといってお散歩にいかないと、わんちゃんはストレスがたまってしまいますよね。
そこで!夏のお散歩に役立つ豆知識をいくつかご紹介しちゃいます☆

 

①散歩に行く時間帯を工夫する
昼間は直射日光が照り付けてくる上に、気温も高く、地面も熱い!
朝は太陽が上る前、夜は太陽が沈み切って、アスファルトが冷めてきた頃がベスト!

 

②犬用シューズをはかせる
肉球を保護するのが目的です!
嫌がる子も多いので、無理に履かせず、ゆっくり慣らしてあげましょう♪

 

③濡れた服を着せてあげる
体温を下げつつ、直射日光からわんちゃんの体を守ります☆

 

④市販の暑さ対策グッズを使う
クールベストやクールバンダナなど
いろいろなタイプのグッズがあるので、ご自宅のわんちゃんに合うアイテムを探すのも楽しいです♪

 

⑤こまめな水分補給
最近ではペタンコにして持ち歩ける水飲み用のお皿や、ペットボトルに取り付けるタイプの飲み口など、
さまざまな水分補給グッズが売っています!
人間と同じように、こまめに水分補給をさせてあげましょう。

 

⑥アスファルトを歩くのをなるべく避ける
アスファルトは熱をため込み高温になります。
なるべく芝生や土の上を歩かせてあげるようにすると、わんちゃんの負担もグッと減ります♪

 

※洋服を着たり靴を履くのを嫌がるわんちゃんに、熱中症対策だからと無理やり強要しても、せっかくのお散歩なのに逆にストレスが溜まってしまうかもしれません。

ここで紹介したほかにも、日陰の多い道を選んで歩いたり、涼しい場所を見つけたら一休みしてあげたりと、まだまだたくさんの対策があると思います。
ご自分のわんちゃんに合った熱中症対策をぜひ探してみてあげてください☆

 

今回は以上です!暑い夏、わんちゃんが快適に過ごせるようにいろいろ工夫をして乗り切りましょう♪
次回はいよいよ最終回、「夏のわんちゃん豆知識・お留守番編」です☆

おたのしみに!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

犬の美容室「おめかしDog」

谷塚駅から徒歩7分
住所:草加市瀬崎2-5-22 いなげや瀬崎店敷地内
電話番号:048-948-7710
営業時間:9:00~18:00
定休日:火曜日(祝日を除く)

ご予約お待ちしておりますU^ω^U

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA