夏のわんちゃん豆知識☆基本編

こんにちは!
最近だんだんと暑い日が増えてきていますね。
当店にトリミングにやってくるわんちゃんたちも、サマーカットにする子が増えてきました♪

しかし梅雨が明けたらいよいよ夏本番!
わんちゃんにとって過酷な季節がやってきます…

お散歩やお留守番…夏の心配事はたくさんあります
そこで3回に分けて、夏を乗り切る豆意識をご紹介しちゃいます♪

dog0147-0412

~豆知識・基本編~
●犬は暑さに弱い!●

犬は四つ足で歩くので、胸からお腹にかけて熱い空気がこもりやすく、
また、地面から体の距離も近いため、地面の熱の影響も受けやすいです。

とくに長毛種は「寒さに強い」「水から身体を守る」という目的で作られた子が多いため、暑さに弱い子が多いのです。
毛の中に熱い空気もこもりやすく、注意が必要です!

 
●暑がっているサインに気づきましょう!●

★パンティング(ハアハア)する★
わんちゃんが暑がっているのが一番わかりやすいサインです。
わんちゃんは舌をだしてハアハアと呼吸することで体温を下げます。
室内でハアハアするようになったら確実に暑さ対策が必要です!

★普段より動きが緩慢★
動くと熱量が発散されるので体温があがります。
なので本能的に「暑いときは不要に動かない」と感じ、あまり動かなくなります。

★食欲がない★
梅雨あたりから食欲が落ちてくるわんちゃんは多いのですが、7月に入るとさらに食欲が落ちることも。
人間でいうと夏バテに近い状態です。体重が落ちてきてしまうようであれば要注意!

 

 
●犬も熱中症になります!●

わんちゃんも人間と同じように熱中症になってしまいます!
熱中症のサインをしっかり覚えていざという時に備えましょう!
(もちろん熱中症にならないのが1番ですが…)
★熱中症のサイン★
・口を大きく開けてハーハーと苦しそうに呼吸する
・よだれを大量に出す
・悪心や嘔吐、下痢をする
・一時的にふらついて倒れる
・目や口腔粘膜の充血

症状がさらに進むと、失神や筋肉の震え痙攣やチアノーゼ等が起こる場合も…
熱中症は実はとっても怖いんです…

 

 

今回はここまで!
「夏の豆知識・基本編」でした♪

わんちゃんが暑さに弱いことや、熱中症の怖さをわかっていただけましたでしょうか??次回はいよいよ夏のお散歩やお留守番時に役立つ熱中症対策などの豆知識の紹介です!

お楽しみに☆

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

犬の美容室「おめかしDog」

谷塚駅から徒歩7分
住所:草加市瀬崎2-5-22 いなげや瀬崎店敷地内
電話番号:048-948-7710
営業時間:9:00~18:00
定休日:火曜日(祝日を除く)

ご予約お待ちしておりますU^ω^U

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA